第44回 防災コミュニティ研究会

2018年01月16日

避難所運営で必要な感染症の基礎知識


第一部避難所運営で必要な感染症の基礎知識


坪内 暁子(つぼうち あきこ)様


日 時  2018年1月16日(火) 18:30~20:30 

場 所  ちよだプラットフォームスクウェア5階

今回は順天堂大学で災害対策の研究に取り組んでいる坪内暁子(つぼうちあきこ)様をお招きし、「避難所運営で必要な感染症の基礎知識」について、お話をしていただきました。

内容は、災害時に欠かせない被災地や避難所生活での感染症リスクと対策でした。インフルエンザやノロをはじめとする感染症の対策には部屋の配置が重要ということで、講演の後半にはグループワーク形式で避難所の部屋の配置のシミュレーションを実施。参加者の皆様に実際に考えていただき、各グループごとに発表しました。ご自身で考えることにより、内容についての理解がより深まったのではないでしょうか。

今回も多くの方々にご参加いただき、有意義な会にすることができました。

講演後の懇親会も大盛況となり、本当にありがとうございます。

さて今後の研究会ですが、次回は海上災害防止センター 防災訓練所長の大森春生(おおもりしゅんせい)様をお招きし、「今後の防災体制の強化について」の話をしていただきます。日程は2月8日(木)の予定です。

皆さまのご参加をお待ちしております。


第二部 「エレベーター防災について」

     株式会社i-tec24  高橋憲司


下記から報告書ページ一覧へ戻ります。